研究成果・論文



○ 生薬の洗口液による歯周病予防の研究
伝統と医療Vol.8 No.1(2002 )
渡辺 秀司
とつかグリーン歯科
PDF
○ 歯周病対策の新星「マスティック」 医療現場で高い評価
THE HEALTH CARE TIMES 第16号 2002年9月10日
渡辺 秀司
とつかグリーン歯科
PDF
○ 次期オソンピック開催地ギリシャ原産の健康素材"マスティック"
全国3 0 0 件以上の歯科医院で使用
THE HEALTH CARE TIMES 第16号 2003年2月28日
渡辺 秀司
とつかグリーン歯科
PDF
○ オーラルケア最前線
THE HEALTH CARE TIMES 第16号 2003年2月28日 P7
渡辺 秀司
とつかグリーン歯科
PDF
○ 臨床・薬理研究報告
健康産業新聞 第1015 号 2002年11 月6日
阿部博幸九段クリニック理事長
高橋慶壮明海大学歯学部
渡辺 秀司とつかグリーン歯科
PDF
○ 研究報告書
マスティンクジエルの抗菌力評価(2 )
松熊祥子
微生物安全性チーム
PDF
○ マスティックガム(樹脂)は口腔内細菌の増殖を抑制する
○ マスティック樹脂は活性酸素を消去して好中球のアポトーシスを抑制する
○ マスティック(樹脂)は口臭を抑制する
日本歯周病学会文献より
明海大学歯学部微生物学講座
明海大学歯学部歯周病学講座
神奈川歯科大学微生物学講座
PDF
○ 漢方生薬の洗口液による歯周病予防のための開発と研究(2)
歯科医療2003 年夏号(Vol.17 N o 3) 第一歯科出版
渡辺 秀司
とつかグリーン歯科
PDF

研究成果、学会発表(マスティック/生薬名 洋乳香、及関連生薬 鶏血藤 十全大補湯)



○ 遠山歳三, 塗々木和男, 高橋俊介, 杉山秀太, 李 昌一, 渡辺清子, 熊田秀文, 石川恵理子, 浜田信城: マウス実験的歯周炎における生薬「鶏血藤」の循環改善効果. 第 52 回 歯科基礎医学会学術大会・総会,江戸川, 東京,2010.9.20-22.


○ 遠山歳三, 塗々木和男, 渡辺靖子, 高橋俊介, 杉山秀太, 熊田秀文, 石川恵里子, 李 昌一, 浜田信城: 生薬「鶏血藤の P. gingivalis により誘導される骨吸収に対する抑制効果. 神奈川歯科大学学会 第 46 回 総会, 横須賀,  2011. 12. 3.


○ 武田織英,遠山歳三,渡辺清子,佐藤武則,笹栗健一,秋本進,佐藤貞雄,河田俊嗣,浜田信城:十全大補湯のストレス負荷とP. gingivalis感染ラットにおける歯槽骨吸収に対する改善効果. 神奈川歯科大学学会第144回例会,横須賀,2014. 6. 12.


○ 遠山歳三,塗々木和男,高橋俊介,吉野文彦,吉田彩佳,松尾雅斗,高橋聡子,渡辺清子,浜田信城:マウス実験的歯周炎モデルにおける生薬「鶏血藤」の循環改善効果.第56回 歯科基礎医学会学術大会・総会,福岡市,福岡,2014.9. 25-27.


○ 遠山歳三 塗々木和男 高橋俊介 吉野文彦 吉田彩佳 高橋聡子 渡辺清子 浜田信城
実験的歯周炎モデルにおける反応性充血を用いた血管内皮機能評価と生薬「鶏血藤の」内皮機能改善効果の検討。第8回 日本口腔検査学会総会・学術大会 横須賀市 2015.10.3-4



研究成果、学会発表



○ Toyama T., Todoki K., Takahashi S-S., Omori Y., Takahashi S-W., Yoshino F., Maehata Y., Sugiyama S., Yoshida A., Lee M-C.: Inhibitory effect of ischemia-reperfusion on local circulation regulatory in gingival tissue -A role of antioxidant biofactor-. 7th Society for the study of AOB. Taipei, Taiwan. 2007.6.1.


○ Toyama T, Sato T, Todoki K, Matsuo M, , Watanabe K Takahashi S-S, Lee M-C , Hamada N, Ameliorating effect of Jixueteng on Porphyromonas gingivalis-induced alveolar bone loss in mice 99nd American Academy of Periodontology 2013 Annual Meeting. Philadelphia 2016.9.28-10.1


○ Toyama T, Todoki K, Matsuo M, Takahashi S-S, Wada-Takahashi S, Takamichi M, Yoshino F, Yoshida A, Watanabe K, Hamada N: Antioxidant Effects of Jixueteng. 7th World Congress on Preventive & Regenerative Medicine, Taipei, Taiwan, 2014. 11. 4-7.

研究成果、論文



原著 New FoodIndustry 49号(NО23)
    多機能食品としてのマステックの生物学的作用


原著 in vivo 23 215-224
    Selective Antibacterial and apoptosis-modulating Activities of Mastic


原著 in vivo 23 583-590
   Re-evaluation of Anti-inflammatory Activity of Mastic Using Activated Macrophages


原著 歯科薬物療法, 30, 51-56, 2011.
    遠山歳三, 澤田智史, 高橋祐介, 李昌一, 浜田信城, 塗々木和男
    歯周病原菌に対する鶏血藤の殺菌効果.


原著 Archives of Oral Biology, 57, 1529-1536, 2012.
    Toyama T, Todoki K, Takahashi Y, Watanabe K, Takahashi S-S, Sugiyama S,
    Lee M- C, Hamada N
    Inhibitory effects of Jixueteng on P. gingivalis-induced bone loss and
    osteoclast differentiation.


原著 Archives of Oral Biology, 2014 Nov 15;59(11):1130-8. Orie Takeda, Toshizo
   Toyama, Kiyoko Watanabe, Takenori Sato, Kenichi Sasaguri, Susumu Akimoto,
   Sadao Sato,Toshitsugu Kawata, Nobushiro Hamada
   Ameliorating effects of Juzentaihoto on restraint stress and P.
   gingivalis-induced alveolar bone loss.


原著 Nat Prod Commun 2014 Dec;9(12):1755-9
   Toshizo Toyama, Satoko Wada-Takahashi, Maomi Takamichi, Kiyoko Watanabe,
   Ayaka Yoshida, Fumihiko Yoshino,Chihiro Miyamoto,Yojiro Maehata, Shuta Sugiyama,
   Shun-Suke Takahashi, Kazuo Todoki, Masaichi-Chang-Il Lee,Nobushiro Hamada
   Reactive oxygen species scavenging activity of Jixueteng evaluated by electron
   spin resonance (ESR) and photon emission.


マスティック関連商品の開発は上記研究、論文等 発表されたエビデンスを参考に開発いたしました。